top of page

「遠州横須賀 後藤邸」

Goto Residence 2023

制作期間 2023年10月20日~22日 

展示場所 ​第 23 回「遠州横須賀街道ちっちゃな文化展」掛川市横須賀地区、静岡県

材料 トレーシングペーパー・色鉛筆・水彩絵具・養生用テープ

主催 遠州横須賀倶楽部・掛川観光協会大須賀支部
掛川市 HP より展示案内

IMG_8198.jpg
IMG_8352.jpg

掛川市横須賀地区に残る、古き良き町並みが丸ごと展示会場となる催し。

普段生活しているお宅の軒先や部屋、土間を借りて作品展示が行われます。

祭りを尊ぶ土地柄が文化展の運営を支えているのが最大の特徴です。

私は街道の東端、川原町「後藤邸」をお借りしました。

かつての生活を思わせる壁の落書き、風の抜ける通り土間、板の間のガラス、居室の蒼い壁、架けられた手ぬぐいと祭りへの想い。

家の記憶に想像を重ねて展示空間を構築しています。

​展示会場で配布した資料はこちらからダウンロードできます。

top
IMG_8354.jpg

「後藤邸」の展示空間は大きく三つのセクションに分けられます。

正面に位置する畳の居室

「店」とよばれる小さな板間

玄関から建物奥へと延びる通り土間

下見に訪れた7月、通り土間を抜ける風の心地よさ、青い漆喰壁の佇まい、柱や建具のつくる水平垂直の線の連なり、それら建物が醸し出す清涼感と簡潔さがとても印象的でした。

その中に垣間見られる生活の名残―落書きの跡、写真に残る家族の姿や、置物や額に入った小さな絵から伺える趣味の一端、それらへと想像を寄せながらの制作でした。

​畳の居室

​小さな板間

​通り土間

二本の杖

土間に置かれた二本の杖は、後藤さんからご提供頂きました。

亡くなったお母様、お父様が 生前に実際に使用されていた杖です。

後藤邸の落書き

土間の壁に残る落書きの跡をトレースして、色層のパネルへと彫り写しました。