「壁のシルシ」 

    Mark on the Wall

​ 2000年

<壁シリーズ>の原点となる作品

​絵具の層を部分的に露出させることで、そこにある平面自体の存在を実感できるのではないでしょうか。

​面を削り取ってゆく行為には、皮膚に傷を与えるかのような思いがします。

シルシ00大線.jpg
シルシ00大点.jpg

「壁のシルシ 線」

​「壁のシルシ 点」

1800×1400 ㎜​

​パネルにペンキ、ジェッソ

シルシ00小線.jpg
シルシ00小点.jpg

「壁のシルシ 線」

​「壁のシルシ 点」

500×500 ㎜​

​パネルにペンキ、ジェッソ

「壁のシルシ 線」

「壁のシルシ 点」